一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

 

計画期間

平成23年4月1日~平成26年3月31日までの3年間

 

内容

目標1: 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。

対策:

  • 平成23年4月~  法に基づく諸制度の調査
  • 平成23年9月~  制度に関するパンフレットを作成し社員に配布   

 

目標2:育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。

対策:

  • 平成23年4月~  管理職へのアンケート調査による実態把握
  • 平成23年9月~  研修内容の検討  
  • 平成24年度~   研修の実施(年2回)

 

目標3:年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間8日以上とする。

対策

  • 平成23年4月~  年次有給休暇の取得状況を把握する
  • 平成23年10月~ 計画的な取得に向けて管理職研修を計画期間中に6回行う  
  • 平成24年6月~  各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する  
  • 平成24年10月~ 社内掲示告知などでキャンペーンを行う

 

目標4:地域の子どもの工場見学及びインターンシップの受け入れを行う。

対策

  • 平成23年9月~  受け入れ体制について検討開始
  • 平成23年11月~ 受け入れを行う工場や部署への説明及び体制作り
  • 平成24年4月~  関係行政機関、学校との連携
  • 平成24年6月~  社員への周知及び市区町村広報誌などによる取組の周知
  • 平成24年10月~ 工場見学及びインターンシップの受け入れ開始